プロフィール


 

【名前】西村 一生          

 

【最終学歴】 岡山大学大学院 臨床心理学専攻
 
【専門】 ストレス・トラウマ・バーンアウト

            発達心理

 

【資格】 臨床心理士

     特別支援教育士

            TFTセラピスト    

            EMDRセラピスト

    リセットセラピスト

          ブレインスポッティングセラピスト

    ホログラフィートークセラピスト  

 

【所属学会等】
日本臨床心理士会・日本心理臨床学会・日本箱庭療法学会・

日本EMDR学会・日本TFT協会・日本LD学会・

日本トラウマティック・ストレス学会・

日本予防医学療法研究会(JPMI)

 

【歩み】
私は長年高校の教師をしてきました。その間、たくさんの子どもたちと出会い、共に怒り、泣き、笑いあいながら、とても豊かな経験をさせてもらうことができました。学校の相談室ではカウンセラー(臨床心理士)として多くの子どもたちや保護者の方々と向き合い、たくさんのお話しに耳を傾けさせていただきました。懸命に悩み生きているお一人お一人の姿に日々身の引き締まる思いでした。また、毎日熱心に教育活動に取り組む多くの先生方との出会いからは、たくさんの知恵と勇気をいただきました。一方で、熱心な先生方のなかには心身の疲労が重なり、ついにはバーンアウト(燃え尽き症候群)を引き起こしてしまい、休職や退職を余儀なくされる方も多くおられました。実は私自身もその一歩手前という状態になったこともありました。

そして、今私がこころから深く実感していることがあります。それは、どの人(大人も子どもも)も皆、自分にできる精一杯のことをしながらその場を懸命に生きているのだということです。人からはどんな風に見えようとも、その人にとっては、それがその時にできる精一杯なことだったのだと私は思っています。そしてなにより大切なのは、そうした過去から学び気づいたことを「いま」に活かすことではないでしょうか。

  

目の前の脅威や危機から我が身を守り生きのびるために、人は幼少のころから一番効果的だと感じる戦略をとるようになります。怒る戦略をとる人、立ち去る戦略をとる人、笑顔をする戦略をとる人・・・、どの人も大変な緊張のなかで、そうした鎧(よろい)を身にまとい我が身を守りながら必死で生きのびようとします。それはまさにストレスやトラウマから我が身を守ろうとする懸命な姿です。しかし、鎧は徐々に重くのしかかってきます。人はそうした鎧の存在に気づかず重い足を引きずりながら、なぜかのびのびとできない自分にいらだちながら生き苦しい日々を送るようになってしまいます。
  
その人が生きのびるために必死で作り上げた重い鎧(よろい)の存在に気づき、これまでの守りに感謝し、焦ることなくゆっくりとその鎧を脱いでいく、そこから自然とその人本来の「いのち」の喜び(軽やかさ)が流れ出す、私の願いは、ほんの少しそのお手伝いをさせていただきたいということです。

 

小さな子どもたちが笑顔いっぱいに全身で走り回って遊んでいる姿は、「いのち」が躍動している姿そのものです。すべての人に本来の躍動するエネルギーに満ち満ちた姿を取り戻していただきたい、そんな願いをこめてカウンセリングをおこなっております。

                                                             

 

出会いは一期一会。 

ホームページをご覧いただきありがとうございました。

 「ようこそ『風の通り道』HPへ」